ウエットキャットフードのメリット・デメリット

キャットフードにはドライタイプとウエットタイプがあり、どちらも一長一短といったところです。
今回はウエットタイプのキャットフードにはどのようなメリット・デメリットがあるのか、説明していきましょう。

ウエットキャットフードのメリットは?

ウエットキャットフードの最大のメリットは、ドライタイプに比べて食いつきが良いということです。
野生の猫は水分が適度に含まれている生きた動物を食べています。
水分が多く含まれているウエットキャットフードはこれと似ているので、食いつきが良くなるというわけです。
水分を摂取させやすいというのも、メリットと言っていいでしょう。
猫はあまり水を飲むことがない動物ですが、単にあまり得意でないというだけです。
実際には汗が出にくいため、体温調節のために水を摂取する必要があるのです。
ウエットキャットフードなら適度な水分が含まれていますので、スムーズに水分を摂取できるのです。

ウエットキャットフードのデメリットは?

ウエットキャットフードは水分が多く含まれていますので、同じ重さならばドライタイプよりも含まれている栄養分は少なくなってしまいます。
しかも、ドライタイプと違い、バランスの良い総合栄養食に認定されているウエットキャットフードは少なめです。
これは、ウエットタイプだけでは栄養バランスが取れないということですし、仮に総合栄養食であっても全体的に栄養分が不足しがちになってしまうことになります。
人間側から見ると、保存性が良くないというのもデメリットになります。
ドライキャットフードは開封後、約1カ月は食べることができます。
しかし、ウエットタイプは開封したらその日のうちに食べてしまわなければなりません。
食べ残しがあっても捨ててしまわなければならず、コストパフォーマンスは決して良いとはいえません。

ウエットキャットフードは食いつきが良い代わりに、栄養バランスや保存性に難があります。
どちらかというと主食にするよりも「おやつ」のようなものとして与える方が良さそうです。
主食にはドライタイプのキャットフードを与えてあげましょう。
ドライキャットフードで人気の商品はこちらで紹介されていますので、ぜひ参考にしてください。