添加物で特に気をつけた方が良いものとは

添加物が含まれていないキャットフードはほとんどありませんが、すべての添加物に問題があるというわけではありません。
ただ、猫にとって危険なものも存在しています。
購入時に注意すべき添加物としては、どのようなものがあるのでしょうか。

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

キャットフードには猫にとって必要なタンパク質や脂肪が多く含まれていますが、問題になるのは脂肪の酸化です。
酸化した脂肪を摂取すると、下痢や動脈硬化の原因となりますので、ほとんどの製品には酸化防止剤が含まれています。
BHAは酸化防止剤の一種で、効果が長持ちするというメリットがありますが、発癌性が確認されています。
猫にとっては、決して良いものとはいえません。

BHT(ブチルヒドロキシトルエン)

BHAと同様に酸化防止剤で、発癌性こそ確認されていませんが、催奇形性があることが分かっています。
ブリーダーを目指している人は、猫に与えない方がいいでしょう。

エトキシキン

これも酸化防止剤の一種で、発癌性が認められています。
人間の食べ物には使用することが認められていない添加物で、当然のことながら猫にとっても良くありません。

没食子酸プロピル

酸化防止剤で、BHAやBHTよりも効果は高いとされています。
ただ、これも発癌性が認められているうえ、肝機能障害の原因となる可能性も指摘されています。

亜硝酸ナトリウム

キャットフードを鮮やかに見せる発色剤です。
人間でも2グラム摂取すれば命にかかわるとされており、猫の体にも良くありません。
体内でニトロソアミンという、発癌性を持つ物質に変化することが分かっています。

赤色着色料

こちらもキャットフードの色を鮮やかにするものです。
赤色3号には発癌性があり、40号と102号はアレルギーの原因となることがあるとされています。
キャットフードに含まれている添加物で、他にも危険なものはあります。
購入前には成分表を確認し、含まれている添加物が安全かどうかを確認するのが良さそうです。
【参考文献】
市販品と手作りのキャットフードではどちらが良い?
https://www.h323forum.org/which.html